GENIE BACKUPのデバックログを取得する方法をおしえてください。

GENIE BACKUPにおけるデバックログの取り方についてご説明します。

1, GENIE BACKUPの「共通設定」から「一般」→「詳細設定」を選択し、「デバックログを有効にする」にチェックをいれてください。
1.PNG
2.PNG2,「デバックログフォルダを開く」ボタンを押して、開いたフォルダのパスをコピーして保存しておいてください。後から使用しますので忘れないようにしてください。
4.PNG
<XPの場合>
C:\Documents and Settings\USERNAME\ApplicationData\Genie-soft\GBMAPPLICATION\Logs

<Vistaの場合>
C:\Users\USERNAME\AppData\Roaming\Genie-Soft\GBMAPPLICATION\logs

3.PNG
3,OKボタンを押して設定を完了します。

5.PNG
4,GENIE BACKUPアプリケーションを一度終了し、再度起動してください。
 これで準備完了です。

5,GENIE BACKUPにて再度バックアップを行ってください。
 エラー等の現象が起きたら、「2」で保存したログフォルダにアクセスしてください。フォルダ内のすべてのログファイルを別フォルダにコピーして保存して、お送りください。

【注意】
エラー発生後に、GENIE BACKUPアプリケーションを起動するとログが自動的に上書きされてしまいます。必ず起動する前にログファイルを別フォルダにコピーして保存してください。



「2」のデバックログフォルダのパスを忘れてしまった場合
パス名は以下の方法で調べられます。
1, エクスプローラを立ち上げ、「ツール」→「フォルダオプション」を選択します。

7.PNG
2, 「表示」タブを選択し、「ファイルとフォルダの表示」の「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェックを入れて、「OK」ボタンを押してください。すでに入っている場合はそのまま閉じてかまいません。
8.PNG
3, 下記のログフォルダにアクセスしてください。

<XPの場合>
C:\Documents and Settings\USERNAME\ApplicationData\Genie-soft\GBMAPPLICATION\Logs

<Vistaの場合>
C:\Users\USERNAME\AppData\Roaming\Genie-Soft\GBMAPPLICATION\logs
9.PNG

4, フォルダ内のすべてのログファイルを別フォルダにコピーして保存して、お送りください。

(FAQ No:A100)