バックアップ

CD/DVDにバックアップ中に、「ディスク書き込みエラーが発生しました。新しいディスクを挿入してください。」が表示されます。エラーコードは、「cmd:2A sense:05 asc:21 ascq:02」

バックアップ セットと消去について

バックアップ セットと消去について

ストレージがリライタブル ストレージで、フォルダに対して権限がある場合、バックアップ領域節約のため過去のバックアップを消去する設定が可能です。消去の設定は、バックアップの種類によって設定方法が異なります。ミラーバックアップでは消去設定はできません。

ジニーバックアップでは、バックアップを効率的に行うために各種オプションを提供しています。

自己復元ファイルの作成、ロールバック、プラグイン、ジョブマネージャなどの機能をご利用になれます。
GENIE BACKUP プラットフォーム PRO/HOME 8.0 は、バックアップ スケジュール タスクをWindowsのタスクを使用して実行しますが、何らかの理由でWindowsのタスクが正常に動作しない場合は、次の手順を実行してください。

マイ ピクチャやマイ メディアをバックアップする場合、GENIE BACKUP プラットフォーム PRO/HOME 8.0 は次のファイル拡張子をスキャンします。

ログインユーザだけでなく、コンピュータにあるすべてのユーザプロファイルをバックアップするには、次の手順を実行してください。

  1. その他の設定 > PRE/POSTコマンド で [PRE/POST ジョブ コマンドを有効にする] をオンにし、PREバックアップコマンドを選択して次のコマンドを配置します。
     net use MAPPED DRIVE LETTER: UNC PATH /user:USERNAME "PASSWORD"
  2. [前の処理が終了するまで待つ] を有効にします。
  3. POSTコマンドで次の設定を配置します。
    net use MAPPED DRIVE LETTER: /del
  4. [前の処理が終了するまで待つ] を有効にします。
(FAQ No:G153)
症状
テープドライブに大量のデータをバックアップする場合、テープの進行状況ダイアログが"アイドル"のステータスの状態でフリーズし、テープドライブの処理も停止している。

症状:
ファイルやフォルダのデータ収集中やデータ照合中にGENIE BACKUP プラットフォーム PRO 8.0 が遅くなったり、停止したりする。

症状:
ログオンにユーザ名とパスワードが必要ないコンピュータでも、スケジュール設定をするとユーザ名とパスワードを要求されます。
 
原因:
この症状は、Windows XP以降のOSで、Windowsのパスワードが設定されていない場合に発生します。
バックアップ除外機能で、ごみ箱などの特定のファイルやフォルダをバックアップ対象から除外できます。

この設定を行なうには、次の手順を実行します。

1、ツール > 共通設定 > バックアップ除外 を開き、[追加] をクリックします。
2、"ルール" の項目に c:\recycled と入力して [OK] をクリックします。この設定でCドライブのごみ箱がバックアップ対象から除外されます。
3、必要に応じてほかのドライブやパーティションのドライブ名に置き換えてステップ2を繰り返します。

注意:
Norton Auto Protection が有効になっている場合は、上記に加え、recycler という名前のフォルダを除外する必要があります。

(FAQ No:G048) 
はい、できます。以下の設定を行なってください。

1、バックアップ ウィザードで スケジュール(ステップ 5)を開きます。
2、[スケジュールを有効にする] のチェックボックスをオンにします。
3、次のいずれかを選択します。
        簡易設定
        詳細設定
4、[時間単位] を選択して設定します。

(FAQ No:G042) 
はい、可能です。以下の設定を行なってください。

■増分バックアップまたは差分バックアップの場合:

バックアップ履歴からインデックスを読み込まない場合にはバックアップ保存先を変更するとファイルの差分(増分)を検出できません。バックアップ履歴からインデックスを読み込むようにするには次の手順を実行します。

 "ツール > 共通設定 > バックアップ履歴" を開き、"バックアップ履歴からインデックスを読み込む" のチェックボックスをオンにします。

■ミラーバックアップの場合:

バックアップは自動的に完全バックアップに切り替わります。ミラーバックアップはその特性上、バックアップ元とのミラーコピーを保持するだけのバックアップ方式であるためです。

(FAQ No:G040) 
症状:
ミラーバックアップや増分バックアップのバックアップジョブで、バックアップフォルダにファイルが追加され2回目以降のバックアップが実行されているのに、新しく追加されたファイルやフォルダが検出されない。

原因:
"バックアップ履歴からインデックスを読み込む" のオプションが有効になっていない。

対処法:
 「タイムスタンプ」と「ロールバックあり」の設定で増分バックアップ、ミラーバックアップを実行する場合は、
"ツール > 共通設定 > バックアップ履歴" を開き、"バックアップ履歴からインデックスを読み込む" のチェックボックスを"オン"にしてください。
なお、「タイムスタンプ付」の場合で「ロールバックなし」の増分バックアップおよびミラーバックアップはサポートしていません。

(FAQ No:G038) 
ミラーバックアップは、最新の完全(またはミラー)バックアップ以降に変更のあったファイルをファイル更新日時を参照してバックアップするバックアップ方式です。バックアップ元のファイルが削除された場合は、バックアップ保存先からも削除されます。

バックアップ保存先は、1つの圧縮ファイルまたは1つのフォルダとなります。CD/DVD、REVドライブ、ZIPドライブなどのアクセスが遅いメディアの場合には、バックアップ処理に時間がかかります。

リムーバブルメディアにミラーバックアップを行なう場合は、次の事項が推奨されます。

【対策1】バックアップサイズを小さくする
 データ圧縮を行なう場合、バックアップデータは500MBから1GB程度を推奨します。

【対策2】ミラーバックアップではデータ圧縮をしない
 ミラーバックアップの容量が推奨サイズを超える場合、バックアップ時間が長くなるため、圧縮せずにバックアップすることをお奨めします。暗号化してバックアップできるため、重要なデータを機密性を保持してリムーバブルメディアにバックアップすることも可能です


(FAQ No:G138) 
原因
 読み取り専用の権限しかないネットワーク上からのバックアップの場合、バックアップ時にアーカイブ属性を設定することができないため、ミラー/差分/増分バックアップにおいて新規ファイルと更新ファイルのみをバックアップする場合でもバックアップ全体のサイズが表示されることがあります。このため、十分な空き領域があっても、領域が不足していると判断されてしまう場合があります。

対処法
 ネットワークドライブの権限を書き込みできるように変更してください。書き込み権限が設定されると、GENIE BACKUP プラットフォームがアーカイブ属性を変更することができるため、正確なバックアップサイズを計算できるようになります。


(FAQ No:G122)
バックアップ保存先のディスク空き領域が不足しているか、一時ファイルフォルダやドライブに十分な空き領域がない場合にこの事象が発生します。この問題の解決方法は次のとおりです。
症状
DVDメディアに2GB以上のデータをバックアップしようとしても、一時フォルダがFAT32形式のためDVDメディアに2GB以上のデータをバックアップできない。

対処法
ドライブにある一時フォルダがFAT32形式のため、一時フォルダのファイルサイズの上限を超えてしまい、DVDに書き込みができません。この問題を回避するには、次のいくつかの方法があります。
GENIE BACKUP プラットフォーム PRO/HOME 8.0 のアプリケーションが2台目以降のドライブにインストールされている場合でも、バックアップ ジョブは1台目のドライブに保存されます。

バックアップ ジョブは、デフォルトで次の場所に保存されます。
(PRO版)
    X:\Documents and Settings\%UserName%\Application Data\Genie-soft\GBMPro8\Jobs
(HOME版)
    X:\Documents and Settings\%UserName%\Application Data\Genie-soft\GBMHome8\Jobs

保存先を変更するには、次の手順を実行してください。
Windowsでは、260文字以上のファイルやフォルダのパスはサポートしていません。
そのため、GENIE BACKUP プラットフォーム PRO/HOME 8.0 では、独自のGRenameテクノロジーで長いパス名にも対応できます。長いパス名は、GRenameフォルダで管理しています。

なお、バックアップ履歴からの復元時や抽出時には、Windowsの仕様に従って復元されます。

(FAQ No:G169)
バックアップ後にログを自動で表示させるには、次の2とおりの方法があります。

【方法1】GENIE BACKUP プラットフォーム PRO/HOME 8.0 画面から直接実行する

    1, GENIE BACKUP プラットフォーム PRO/HOME 8.0 を起動する。
    2, "ツール > 共通設定 > データ整合性テスト" で [テストを実行しない] を選択する

【方法2】GENIE BACKUP プラットフォーム PRO/HOME 8.0 のショートカットやスケジュールで実行する

    1, "コントロール パネル > タスク" を開き、該当するタスクを右クリックしてプロパティを開きます。
    または、デスクトップのショートカットを右クリックし、 プロパティを開きます。

    2, "-bt" オプションの前に、 "-showlogfile" オプションを追加する

(FAQ No:G170)

症状:
バックアップが開始されたとき、次のメッセージが表示される。
"X:\System Volume Information にアクセスできません。アクセスが拒否されました。"

原因:
ユーザがアクセスを許可されていないWindowsの隠しフォルダにアクセスしようとした。

対処法:

【対象法1】
"ツール > 共通設定 > バックアップ除外" を開き、当該フォルダが一覧に追加されているかどうか確認してください。

 

【対処法2】
または次の手順を実行してください。
    1- "ツール > 共通設定 > バックアップ設定" を開きます。
    2- [マイ フォルダ内の隠しファイルまたはフォルダを表示する] のチェックを外します。

(FAQ No:G075) 

症状 :
アプリケーションを起動しようとすると、次のメッセージが表示される。
"PX.dllファイルが見つかりません"

原因:
インストール時にPX.dllファイルが正しくコピーされていないか、壊れています。または、インストール後にコンピュータを再起動していない可能性があります。
症状:
GENIE BACKUP プラットフォーム PRO/HOME 8.0 でバックアップのスケジュール設定をしたが、設定した時刻になっても、次のエラーメッセージが出てバックアップが実行されない。

"名前または権限エラーのためジョブの処理に失敗しました。作成したアカウント設定、ジョブ名が正しいか確認してください。"
症状:
Windowsスケジュール ウィザードでジョブを手動で作成しようとすると、エラーメッセージ: "0x80070005: アクセスが拒否されました" が表示されます。

原因:
Windows XP Service Pack 2 (SP2) でこの問題が発生します。

DMAとは「Direct Memory Access」の略で、CPUを介さずデバイスとメモリの間で直接データの
やりとりを行なう方式のことをいいます。DMAが有効の場合、データの転送速度が速くなります。

WindowsXPとWindows2000の場合でそれぞれ方法が異なります。設定方法については、以下を参照してください。

症状:
「ドライブでエラーが発生しました: Command:## Sense:## ASC:## ASCQ:##」が表示される。
ASC/ASCQエラーは、ディスクの破損、ファームウェアが古い、DMAが有効でない、ドライブが使用中であるなど、さまざまな原因によって発生するエラーです。
CD/DVDへの書き込み時に発生するこのエラーを回避または最小限に抑えるには、次の対処法を確認してください。

症状:
実行時、GENIE BACKUP プラットフォーム PRO/HOME 8.0 アプリケーションの異常終了時、または初回実行時に、「"0xXXXXXX"から"0xXXXXX"へのメモリの参照に失敗しました。」が表示されます。

対処法:
次の手順でアンインストールを実行してください。

1、レジストリから次のキーを削除します。
    [スタート] > [ファイル名を指定して実行] を実行し、"regedit"と入力し、下記のキーを削除します。

             HKEY_CURRENT_USER\Software\Genie-Soft

2、次のフォルダを削除します。
    a. <ドライブ名>:\Program Files\AOS Technologies
    b. <ドライブ名>:\Documents and Settings\%username%\Application Data\Genie-Soft\
    c. <ドライブ名>:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Genie-Soft\

3、GENIE BACKUP プラットフォーム PRO/HOME 8.0の最新版を再インストールします。最新版はBackup119 ホームページから入手できます。
 
(FAQ No:G107) 

症状
バックアップ ジョブ名の設定時に、ジョブ名が正しくないというエラーメッセージが表示されます。

対処法:
バックアップ ジョブ名には次の文字は使用できません。
   \   /   |   *   :   <  >  .   ?

上記文字を取り除いて再度設定してください。

(FAQ No:G120)
症状:
バックアップ時にマイプロファイルを開いてOutlookプロファイルを選択してもPSTファイルが見当たりません。もしくは選択できません。

原因:
GENIE BACKUP プラットフォーム PRO/HOME 8.0 は、OutlookのPSTファイルをレジストリキーから取得します。そのため、PSTファイルの特定ができない場合があります。
症状:
バックアップ ジョブを実行しようとすると次のエラーメッセージが表示されます。

「既定のメールクライアントが存在しないか、現在のメールアカウントがメッセージを処理できません。Microsoft Outlook を起動して既定のメールクライアントを設定してください。」

原因:
この問題は、Outlookのレジストリキーが壊れた場合に表示されます。他のプログラムがOutlook Simple MAPIインタフェースにアクセスしようとしたときレジストリから情報を取得できないか、Windows Vista に Outlook 2000 がインストールされている場合に発生します。

症状:
Windows 2000 でGENIE BACKUP プラットフォーム PRO/HOME 8.0をインストール後に実行しようとするとエラーメッセージ 「SHLWAPI.dllのエントリポイントが見つかりません」 が表示されます。

原因:
GENIE BACKUP プラットフォームは、Internet Explorer 6 がインストールされている環境で動作します。

対処法:
IE6にアップグレードしてください。詳細は次のリンクを参照してください。
http://www.microsoft.com/windows/ie/ie6/downloads/critical/ie6sp1/default.mspx

(FAQ No:G168)
現象:
「DoBackupコマンドの実行に失敗しました。」 または、「DoBackupコマンドは予備実行に失敗しました。」 というメッセージが表示されます。

原因:

GENIE BACKUP プラットフォーム PRO/HOME 8.0 がバックアップ フォルダやフォルダを作成できなかった場合にこのメッセージが表示されます。問題を解決するために次の確認を行ってください。

対処法は以下をご覧ください。

個人でLAN接続ハードディスクを所有されている方も増えてきました。今日は、LAN内にあるPCからバックアップする場合を例にとって、ご説明します。

同一セグメントのLAN内にLAN接続ハードディスク(NAS)およびバックアップを行うためのPCを設置しました。LANディスクをの保存先として以下の共有フォルダを指定し、ネットワーク経由でのバックアップを行ないます。

バックアップ保存先: ¥¥NS4300N_870192¥public

10.JPG
バックアップファイル消去機能とは、バックアップ保存先のストレージなどがリライタブルメディア(再書き込み可能)の場合、古いバックアップ ジョブを自動で削除できる機能です。
この機能を利用すると、保存領域の節約とローテーション バックアップができるようになるメリットがあります。
GENIE BACKUPにおけるデバックログの取り方についてご説明します。

1, GENIE BACKUPの「共通設定」から「一般」→「詳細設定」を選択し、「デバックログを有効にする」にチェックをいれてください。
1.PNG
2.PNG2,「デバックログフォルダを開く」ボタンを押して、開いたフォルダのパスをコピーして保存しておいてください。後から使用しますので忘れないようにしてください。
4.PNG
<XPの場合>
C:\Documents and Settings\USERNAME\ApplicationData\Genie-soft\GBMAPPLICATION\Logs

<Vistaの場合>
C:\Users\USERNAME\AppData\Roaming\Genie-Soft\GBMAPPLICATION\logs

3.PNG
3,OKボタンを押して設定を完了します。

5.PNG
4,GENIE BACKUPアプリケーションを一度終了し、再度起動してください。
 これで準備完了です。

5,GENIE BACKUPにて再度バックアップを行ってください。
 エラー等の現象が起きたら、「2」で保存したログフォルダにアクセスしてください。フォルダ内のすべてのログファイルを別フォルダにコピーして保存して、お送りください。

【注意】
エラー発生後に、GENIE BACKUPアプリケーションを起動するとログが自動的に上書きされてしまいます。必ず起動する前にログファイルを別フォルダにコピーして保存してください。



「2」のデバックログフォルダのパスを忘れてしまった場合
パス名は以下の方法で調べられます。
1, エクスプローラを立ち上げ、「ツール」→「フォルダオプション」を選択します。

7.PNG
2, 「表示」タブを選択し、「ファイルとフォルダの表示」の「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェックを入れて、「OK」ボタンを押してください。すでに入っている場合はそのまま閉じてかまいません。
8.PNG
3, 下記のログフォルダにアクセスしてください。

<XPの場合>
C:\Documents and Settings\USERNAME\ApplicationData\Genie-soft\GBMAPPLICATION\Logs

<Vistaの場合>
C:\Users\USERNAME\AppData\Roaming\Genie-Soft\GBMAPPLICATION\logs
9.PNG

4, フォルダ内のすべてのログファイルを別フォルダにコピーして保存して、お送りください。

(FAQ No:A100)
オープン中のファイルやロックされているファイルをバックアップしようとすると、バックアップをスキップしたり、タイミングによってはデータの整合性が取れないことがあります。

この対策のためにWindowsでは、「ボリューム・シャドウ・コピー・サービス(Volume Shadow Copy Service、以下VSS)」という機能を提供しています。

症状:
CD/DVDへのバックアップ時に次のエラーメッセージが表示される: "Cmd: 2A Sense: 05 ASC: 21 ASCQ: 00. 新しいディスクを挿入してください。"

原因:
CD/DVDドライブの書き込み速度がデータの転送速度よりも速すぎたり遅すぎたりする場合に発生します。
ミラーバックアップを「データ圧縮あり」で実行した場合に2GBに制限が発生します。ミラーバックアップのすべてのケースで制限があるわけではありません。しかし、すべてのファイルをスキャンしアーカイブが作成され、ファイルやフォルダを削除するため、2GBに達するとバックアップ速度が著しく低下します。

推奨されるバックアップ方法:
バックアップを「圧縮なし」で実行し、セキュリティを確保したい場合は暗号化を使用することをお奨めします

(FAQ No:G032)
WindowsのFAT32ファイルシステム上では、4GB以上のデータをバックアップすることはできません。この場合は、次のいずれかの対処が必要です。
メニューから、[ツール] > [リライタブルCD/DVDのフォーマット] を選択し、フォーマットを実行してください。

(FAQ No:G023)
はい、できます。スケジュール設定のセキュリティ設定で、「コンピュータ実行時は常に実行」を選択し、「Windowsログオンユーザ名」および「パスワード」を入力してください。
CD/DVDへバックアップする場合のポイントやトラブルシューティングの説明をします。
ダウンロードしたプラグインに対応するアプリケーションがインストールされているか、またアプリケーションのバージョンが対応しているかをご確認ください。
アプリケーションがインストールされていない場合は、グレーアウト表示となり選択することはできません。
FTPクライアントソフトウェアをインストールし、FTPサーバ接続の設定をしてください。クライアントソフトからFTPサーバに接続し、コンピュータ上にバックアップジョブをダウンロードしてから、復元作業をおこなってください。
ファイル名が文字化けしている可能性があります。ご利用のFTPクライアントの文字コード設定を「UTF-8」に変更してから確認してください。
バックアップの[ステップ②バックアップ保存先]で「アドレス」「ユーザ名」「パスワード」が正しく設定されているかご確認の上、再度バックアップを実行してください。
OutlookExpressやOutlookの自動終了および再起動は、共通設定のVSS設定が無効になっている場合のみ動作します。
なお、Windows VistaのWindowsメールや、Thunderbird等のメールソフトは自動終了および再起動の対象外となります。
次の点を確認してください。
はい。マイプロファイルの「マイメディアファイル」のスキャン機能で指定のドライブやフォルダ内の音楽ファイルを自動的に収集します。
ただし、収集できる音楽ファイルは、.mp3 .wav .ram .mov .mpeg の5つです。これら以外の音楽ファイルをバックアップする場合、マイフォルダから直接指定するか、もしくはプラグインを追加してください。
「共通設定」⇒「バックアップ設定」⇒「詳細設定」で、「自己復元可能なバックアップを有効にする」にチェックが入っていること、また指定サイズが2GB以下であることを確認してください。
バックアップ先のハードディスクががFAT32でフォーマットされている場合、1ファイルが2GBを超えるサイズの書込みは行えません。複数ドライブ設定で1ファイル2GBで分割するか、NTFSにフォーマットに変更してください。
Winodws2000では、「自己復元形式のバックアップ」をサポートしていません。
いいえ、できません。GENIE BACKUP プラットフォームではフロッピーディスクへのバックアップはサポートしていません。
「かんたんメニュー」ではバックアップの保存先は限定され、内蔵ハードディスクもしくは外付けハードディスクのみ選択できます。CD/DVDや他のデバイスへはバックアップできません。それ以外の保存先を指定したい場合は、「通常メニュー」を使用してください。