「使い方のご質問」のよくある質問

Cドライブを同じ内蔵ハードディスクのDドライブにバックアップし、後からCドライブに復元する方法を教えてください。

次のように操作を行ってください。

【ご注意】「ファイナル丸ごとバックアップ」のバックアップ先には、パソコン(PC)が起動しなくなった際に取り出せなくなることを防ぐために、外付けHDD等を指定することを強く推奨します。

Cドライブを内蔵のDドライブにバックアップする方法
  1. 「ファイナル丸ごとバックアップ」を実行します。
  2. 「ドライブのバックアップ」をクリックします。
    ホーム画面
  3. 「元のドライブ」画面でバックアップするドライブ(Cドライブ)にチェックを入れます。
    ドライブ操作画面
  4. 「ドライブのバックアップ」ボタンをクリックします。
  5. 「ドライブのバックアップ」画面が開きます。バックアップ先がDドライブになっていることを確認し、「開始」ボタンをクリックしてください。任意でファイル名の変更を行ってください。
    ※ 左の「設定」ボタンは主に完了時の挙動設定を行なうものです。操作は必須ではありません。
    ドライブのバックアップ画面
  6. Cドライブのバックアップが実行されます。完了するまでお待ちください。
    バックアップ実行画面
    下記のダイアログが表示された場合、「はい」をクリックして起動に必要な情報もバックアップします。
    ダイアログボックス
  7. 完了したら「閉じる」ボタンを押してください。

※ 復元の作業のために起動用USBメモリが必要になります。バックアップ前あるいはバックアップ直後に、有事に備えて作成することをお勧めします。

Dドライブにあるバックアップファイルから復元する方法
  1. 事前に作成した起動用USBメモリから「ファイナル丸ごとバックアップ」を起動します。
  2. メニューから「復元」をクリックします。
  3. バックアップしたファイルを選択します。
    ※ WindowsPEの仕様上、バックアップしたファイルのあるドライブ名が[D]でないことがあります。その場合は、Windows上で見えていた時のドライブサイズやボリュームラベルから判別してください。
    この例では、Fドライブとなっています。
    Fドライブ例
  4. バックアップされたドライブが表示されますので、Cドライブをクリックしてください。
  5. 復元先のドライブ(Cにあたるドライブ)を選択し、「OK」をクリックします。
    ※ バックアップしたファイルを選択する時と同様に、WindowsPEの仕様により復元先のドライブ名が[C]でないことがあります。Windows上で見えていた時のドライブサイズやボリュームラベルから判別してください。
    この例ではEドライブとなっています。
    Eドライブ例
  6. 「続行」をクリックします。
  7. 「開始」をクリックします。
  8. 復元先のドライブにあるデータは、すべてバックアップされたデータで上書きされます。よろしければ「続ける」をクリックして作業を続けてください。
  9. 復元中です。完了までお待ちください。
  10. 完了したら「閉じる」を押してください。

このQ&Aは役に立ちましたか?(改善のためにアンケートにご協力ください)

キーワードから探す

最近見たFAQ