ファイルベースで未割当領域に復元を行うとエラーが発生する

Question.

個別のドライブをバックアップしたファイルを未割当領域に復元する際、書き込み方法で「ファイルベース」を選択すると、「無効なパラメーターをサービスまたは関数に渡しました。」というエラーが発生する。


Answer.

これは、おそらくUEFIシステムでGPTディスクから起動するためのパーティションが自動的に復元されるため、ファイルベースで容量指定したときにそのサイズのパーティションが作成できないことが原因だと思われます。

復元するパーティションの他、起動に必要なパーティションも同時に自動的に復元されます。 そのため、ファイルベースで復元する際に指定できるパーティションサイズは、ディスク全容量よりも小さいものになります。

サイズをより小さい値に指定してください。