「ファイナルデータ11 plus特別復元」のよくあるご質問

ファイナルデータで、探しているファイルが検出されません。

ウィザードで探しているファイルが検出されない場合は、高度な復元で、ドライブを選択してクラスタスキャンまで行ってください。高度な復元でクラスタスキャンまで行っても、目的のファイルが検出できない場合は、以下を確認してください。 1.ファイル名、フォルダ名情報が破損している 削除したファイルの管理情報が破...

ファイナルデータで復元したファイルが開けません。復元できないファイルですか?

既に他のデータで部分的に上書きされてデータが破損している場合は、元のアプリケーションで正常に開けなくなります。 しかし、以下の作業を行うことによって復元できる可能性があります。 ファイルのサイズが極端に小さい場合、ファイルサイズの変更を行ってから復元してください。 Ofiiceファイルの場合は、Of...

試供版と製品版の違いはなんですか?
試供版でスキャンして検出されたデータは、復元できますか?

試供版では、製品版と比べて以下のような制限があります。 ファイルの復元機能試供版は検出したファイルの復元を行うことはできません。 メールの復元機能試供版では検出したメールメッセージや添付ファイルの復元を行うことはできません。 セクタイメージ読み込み機能試供版では保存したセクタイメージの読み込みを行う...

高度な復元のクラスタスキャンが非常に遅く、ほとんど進みません。また、残り時間が膨大に増えています。

クラスタスキャンが非常に遅い場合、あるいは残り時間が増えるような場合、以下のようなケースがあります。 A. ハードディスクが熱を持っている。 ハードディスクは50℃以上になると、読み取りエラーが多くなり、場合によっては故障することもあります。ハードディスクが手で触れないほど熱くなっている場合は、扇風...

「スキャン結果の保存」と「セクタ保存」は何が違うのですか?

スキャン結果の保存 スキャン結果の保存は、スキャン時間が長い「クラスタスキャン」の結果を保存するために使用します。次回同じディスクの復元を行ないたい時に、クラスタスキャンを実施する必要がなくなります。 スキャン結果の保存機能で保存されるファイルの内容は、スキャンしたファイルのインデックス(管理情報)...
< 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

キーワードから探す

最近見たFAQ