BACKUP119 FAQでタグ「DMA」が付けられているもの

DMAとは「Direct Memory Access」の略で、CPUを介さずデバイスとメモリの間で直接データの
やりとりを行なう方式のことをいいます。DMAが有効の場合、データの転送速度が速くなります。

WindowsXPとWindows2000の場合でそれぞれ方法が異なります。設定方法については、以下を参照してください。

タグ