「フィルタ」のよくある質問

サイトをブロックしたときに表示されるURLやカテゴリを子どもに見せたくない。

この記事はNet Nannyインターネットフィルタリング7Plusに対応したものです。
他のNet Nannyシリーズには対応しておりません。

※ Net Nannyがインストールされているパソコンで操作する場合
フィルタリングのブロック表示の変更はできないのでしょうか?

フィルタリングのブロック表示は変更可能となっています。
ブロック表示を変更するには下記の手順を行います。

リモート管理画面にアクセスする

リモート管理へのアクセス方法

管理画面のユーザーリストから変更するユーザーをクリックします。
ユーザーリスト画面

メニューから「フィルタ設定」をクリックします。
※ ユーザーを選択した後の初期位置はフィルタ設定画面となっています。

メニューの「フィルタ設定」

ブロック表示の設定を変更します

「ブロック、注意時」

「ブロック、注意時」の表示:「▼」をクリックすると一覧が表示されます。
「ブロック、注意時」のプルダウンメニュー

ダイアログの表示

標準設定となります。URL、ブロック対象となったカテゴリが表示されます。
カテゴリ表示あり例

ブロック/注意された理由の表示のチェックを外すとカテゴリが表示されなくなります。
カテゴリ表示なし例

「アクセス不可の」ページの表示

URLは表示されます。今すぐ解除、解除要求はできません。

  • URLから直接アクセスするとき
    アクセス不可のメッセージウィンドウ

  • 別のサイトからブラウザでアクセスするとき
    表示の拒否ウィンドウ

指定のURL

ブロックした場合何も表示せずに設定したWebサイトに移動します。
今すぐ解除、解除要求はできません。

「指定のURL」設定箇所

Net Nanny ブロックページ

ダイアログの表示形式が変わります。URL、ブロック対象カテゴリは表示されます。
今すぐ解除、解除要求はできません。

「Net Nanny ブロック」のダイアログ例

変更後「OK」をクリックすると設定完了となります。

キーワードから探す

最近見たFAQ