「選択抹消版」のよくある質問

ターミネータをインストールした後、Windows を起動するたびに、「このWindowsはBigDriveに対応していません。」というメッセージが表示されます。
Windows自体の動作に問題は無いのですが、このメッセージを表示しない方法はありますか?

Windows を起動するたびに、「このWindowsはBigDriveに対応していません。」というメッセージが表示される場合、以下の項目を確認してください。


【回答1】
Windows2000 で Service Pack 3 以上、Windows XP で Service Pack 1 以上がインストールされていない場合は、それぞれのService Packをインストールしてください。


【回答2】
USBカードリーダが接続されている場合は取り外してください。また、USBカードリーダが搭載されているプリンタが接続されている場合も取り外してください。


【回答3】ターミネータ 8.0以前を、Windows Vista で使用している場合のみ
スケジュール抹消を、常に管理者として実行するように設定します。

  1. エクスプローラで、ターミネータのインストールフォルダにアクセスします。既定の場合、以下のフォルダです。
    C:¥Program Files¥AOS Technologies¥(製品名)¥
  2. FdWipeSchedule.exe を右クリック>プロパティ をクリックします。
  3. [互換性]タブをクリックし、「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れます。
  4. [OK] をクリックします。



また、ターミネータ2007 選択抹消版 をお使いの場合は、修正プログラムが用意されていますので、以下URLよりダウンロードしてご使用ください。

■アップデートプログラムダウンロードページ
 → https://www.finaldata.jp/download/download.html#updata

修正プログラムの実行手順は、以下の通りです。

  1. 現在インストールされている「ターミネータ2007 データ選択抹消」をアンインストールします。
  2. アンインストールが完了したら、コンピュータを再起動します。
  3. 上記URLにアクセスし「ターミネータ2007 データ選択抹消」パッケージ写真下部の「アップデート」をクリックします。
  4. 「保存」ボタンでデスクトップ等わかりやすいところに保存します。
  5. 保存した"TMU-61_update.exe"ファイルを実行し、インストールします。

このQ&Aは役に立ちましたか?(改善のためにアンケートにご協力ください)

キーワードから探す

最近見たFAQ