「ファイナルハードディスク/SSD入れ替え」のよくあるご質問

3TBのハードディスクへコピーが完了しましたが、コピー先のハードディスクが2TBまでしか認識しなくなりました。

コピー元(古いハードディスク)が2TB未満で「MBR」でフォーマットされていることが原因です。 ファイナルハードディスク入れ替えは、MBRからGPTへの変換は行いません。MBR(非GPT)ディスクのコピーを行うと、コピー先があらかじめGPTでフォーマットされていても、コピー後はMBRディスクとなりま...

ファイナルハードディスク入れ替えを実行する前に、デスクトップ パソコン(PC)に内蔵ケーブルで新しいハードディスクを接続しましたが、Windowsが起動しなくなりました。

一部のパソコン(PC)では、新しく接続したハードディスクを自動的に第一起動ディスクとして扱うものがあります。 USB外付けハードディスクケースを使用するか、またはBIOSの設定を変更してください。

現在使用しているハードディスクよりも容量の少ないハードディスクへ入れ替える際、画面に表示されている使用容量よりも大きいハードディスクを入れ替え先に指定しても「十分な容量がありません」と表示されます。

コピー元ハードディスクに表示されている「使用容量」は、隠しパーティションなどOSから認識できないパーティションの容量は含みません。 例えば、「使用容量」に表示されている容量が55GBで、隠しパーティションの容量が10GBの時、60GBのハードディスクを指定した場合、表示上は足りているように見えますが...

ファイナルハードディスク入れ替えが対応していないハードディスクはありますか?

ファイナルハードディスク入れ替えは、次に挙げるハードディスクおよびコンピュータ機種には対応していません。 ダイナミックディスク ソフトウェアRAID コピー元(現在使用しているハードディスク)がAdvanced Formatのハードディスク※ 15plus以降では使用可 使用しているOSがWindo...

Linuxのパーティションを含むハードディスクの入れ替えに対応していますか?

コピーは可能ですが起動可能なシステムディスクとしてはご利用いただけません。 Linuxのパーティションは、フォーマット形式がFATやNTFSなどWindowsが認識できる形式ではないので、セクター単位でのコピーが行われます。しかしながら、Linuxは起動時にWindows標準のブートローダーを使用し...
< 前へ 1  2  3  4  5  6  7

キーワードから探す

最近見たFAQ