「電子データシュレッダー」のよくある質問

空き領域抹消をキャンセルすると、抹消していたディスクの空き領域がなくなってしまいます。

空き領域抹消中は、抹消対象ドライブのルートフォルダに「~WIPEFRE.DAT」というファイルが空き領域のサイズ分作られます。通常、空き領域抹消終了時にこのファイルは削除されます。

しかし、空き領域抹消を途中でキャンセルすると、「~WIPEFRE.DAT」が残ってしまい、空き領域がなくなったように表示される事があります。
この場合、抹消対象ドライブのルートフォルダの「~WIPEFRE.DAT」を削除してください。

TM_WIPEDATが表示される画面

「~WIPEFRE.DAT」が表示されない場合は隠しファイルやフォルダの表示を参照してください。

このQ&Aは役に立ちましたか?(改善のためにアンケートにご協力ください)

キーワードから探す

最近見たFAQ