「選択抹消版」のよくあるご質問

Windowsが起動できない場合でも、ハードディスクのデータを抹消できますか?

ターミネータ データ完全抹消シリーズでハードディスクを抹消する場合は、Windowsが起動しなくても抹消は可能です。詳しくは下記をご参照ください。「ターミネータ10+ データ完全抹消BIOS/UEFI版」をお持ちの方 「ターミネータ10+ データ完全抹消」「ターミネータ10+ データ完全抹消BIOS...

10台に「電子データシュレッダー2」をインストールしていて、その10台とも同じファイルを同じ時間に抹消したいのですが、スケジュールを一括で設定する方法はありますか?

スケジュールの設定は、「電子データシュレッダー2」インストールフォルダにある "schdata.dat" ファイルに書き込まれます。任意の1台でスケジュールを設定した後で、このファイルを別のパソコン(PC)のターミネータインストールフォルダにコピーすることで使用できます。 既定のインストール先は、以...

空き領域抹消中に、「空き領域がない」、「クリーンアップしてください」といったメッセージが表示されますが、なぜでしょうか?

空き領域抹消中は、抹消対象ドライブのルートフォルダに「~WIPEFRE.DAT」というファイルが空き領域のサイズ分作られます。このため、抹消対象ドライブの空き領域は一時的になくなります。 空き領域抹消開始後、Windowsがディスクのサイズを検知して、「空き領域がない」「クリーンアップしてください」...

「電子データシュレッダー」シリーズをインストールしようとすると、「すでにインストールされています」というメッセージが表示されてインストールできません。

レジストリに「電子データシュレッダー」、または前身の「ターミネータ データ選択抹消」シリーズの情報が残っている場合に、この現象は発生します。以下のようにして、レジストリからターミネータ製品の情報を削除してください。 次のファイルをダウンロードします。 選択抹消のアンインストール.zip(32bi...

Windows Vista/7 上で「電子データシュレッダー」(ターミネータ 選択抹消シリーズ)を使用して抹消を行った後、検証ツール(抹消確認ツール)でスキャンすると、ランダムな名前のファイルが検出されます。これは抹消されてないのですか?

Windows Vista以上のOSでは、強固なセキュリティのため管理者権限をもってしてもファイル情報(MFT)は抹消できません。ファイル情報が抹消できないため、「電子データシュレッダー」はランダムな名前に変更して、元のファイル名がわからない様にしています。なお、ファイルの実データは抹消されておりま...

キーワードから探す

最近見たFAQ