「機能」のよくある質問

「スキャン結果の保存」と「セクタ保存」は何が違うのですか?

スキャン結果の保存

スキャン結果の保存は、スキャン時間が長い「クラスタスキャン」の結果を保存するために使用します。次回同じディスクの復元を行ないたい時に、クラスタスキャンを実施する必要がなくなります。

スキャン結果の保存機能で保存されるファイルの内容は、スキャンしたファイルのインデックス(管理情報)のみを保存しますが、スキャンしたドライブ側でそれらの状態が変化すると使用できなくなる場合があります。また、スキャンが完了した結果を保存するため、クラスタスキャンを途中でキャンセルした場合は、クラスタスキャンの結果は保存されません。

ファイルサイズが小さいため、USBメモリなどに保存することができます。

セクタの保存

セクタの保存機能で保存されるファイルには、スキャン対象のドライブから読み取れるすべてのデータそのものが保存されます。簡単に言うと、ドライブ全体を一つのファイルにまとめます。
スキャンした後、復元するまでにどうしてもそのパソコン(PC)を使わなくてはならない場合や、対象のドライブが読み出し不可能になりそうな壊れかけた状態の場合に「現状維持」のために有効です。

ただし、この場合、例えば100GBのドライブのセクタを保存するには、ほぼ100GBに近い空き容量が必要であることや、ファイナルデータに再度読み込む時にはその読み込み時間に数分~数十分かかり、さらにその後通常のスキャンが必要になりますので、時間を短縮する目的には使えません。

このQ&Aは役に立ちましたか?(改善のためにアンケートにご協力ください)

キーワードから探す

最近見たFAQ