「購入前のご質問」のよくある質問

他のパソコン(PC)で使用していたハードディスクを取り外し、ファイナルデータをインストールしてあるパソコン(PC)に接続して復元する場合、追加のライセンスが必要になりますか。

ファイナルデータをあるパソコン(PC)にインストール(またはCDやUSBメモリから起動)して使用した場合、ライセンスはそのパソコン(PC)に対して固定して付与されます。このため、その1ライセンスで使用が許諾されるハードディスクは、ファイナルデータをインストール(またはCDやUSBメモリから起動して使用)したパソコン(PC)に元々内蔵または外付けして使用されていたハードディスクになります。

他のパソコン(PC)の内蔵ハードディスク(または外付けハードディスク)を取り外して、ファイナルデータをインストールしたパソコン(PC)に接続して復元することはライセンス違反になります(当社が別途許諾した場合は除く)。このように他のパソコン(PC)の内蔵ハードディスク(または外付けハードディスク)を取り外して復元する場合は、1台につき1ライセンス追加購入していただく必要があります。

基本ライセンス例)

パソコン(PC)Aにファイナルデータをインストール
パソコン(PC)Bで使用していたハードディスクを取り外してパソコン(PC)Aに接続し復元
 →この場合はパソコン(PC)B用に1ライセンス追加購入していただく必要があります。

例外措置として、個人のお客様が起動しなくなったパソコン(PC)のデータ復元を行う場合に限り、ファイナルデータをインストールした別のパソコン(PC)に起動しなくなったパソコン(PC)のハードディスクを接続してデータ復元を行うことを、1ライセンスの範囲として認めています(ただし、取り外すパソコン(PC)は1台に限る)。

個人仕様における例外例)
起動しなくなったパソコン(PC)をBとします。

起動しなくなったパソコン(PC)Bの内蔵ハードディスクを取り外す。
パソコン(PC)Aにファイナルデータをインストールし、パソコン(PC)Bから取り外した内蔵ハードディスクを接続して復元する。

※ ライセンスはパソコン(PC)Aに付与されますが、例外的にパソコン(PC)Bから取り外した内蔵ハードディスクの復元のために使用することを認めています。繰り返しますが、個人のお客様に限ります。
※ 個人のお客様でも、さらにパソコン(PC)Cから取り外したハードディスクの復元を行う場合は、追加ライセンス(ダウンロード版の購入)が必要となります。

ライセンス違反により、お客様が被った損失についてはお客様自身の責任となります。
ライセンスについてご質問がある場合は、当社ファイナルデータサポートまでご質問下さい。

このQ&Aは役に立ちましたか?(改善のためにアンケートにご協力ください)

キーワードから探す

最近見たFAQ