「困った時は」のよくある質問

スキャン中に、「メモリーアロケーションエラー」と表示されてスキャンが停止しました。

メモリアロケーションエラーはコンピュータに搭載されている物理的なメモリ(RAM)が不足し、処理に必要なメモリが確保できなくなった場合等に発生します。
FINALDATAはハードディスク保護のため、仮想メモリを使わず物理メモリのみで動作するよう設計されています。よって、コンピュータの搭載メモリが少ない上に、スキャンするファイル数が多い場合にメモリアロケーションエラーを起こしやすくなります。
FINALDATA以外のソフトウェアは、タスクトレイに常駐するタイプのものも、すべて終了してください。

また、クラスタスキャン中にいつも同じ場所(カレントクラスタ)でメモリアロケーションエラーが発生する場合は、当該クラスタ付近に重大な損傷があり、FINALDATAがその場所の解析のためにメモリを消費しメモリ不足になったと考えられます。
メモリアロケーションエラーでスキャンが停止してしまうカレントクラスタの値をメモしてください。FAQ:クラスタスキャンが途中で停止するを参照し、該当のクラスタ位置を避けてスキャンを行ってください。

このQ&Aは役に立ちましたか?(改善のためにアンケートにご協力ください)

キーワードから探す

最近見たFAQ