「TOP10」のよくある質問

高度な復元のクラスタスキャンが非常に遅く、ほとんど進みません。また、残り時間が膨大に増えています。

クラスタスキャンが非常に遅い場合、あるいは残り時間が増えるような場合、以下のようなケースがあります。

  1. ハードディスクが熱を持っている。
    ハードディスクは50℃以上になると、読み取りエラーが多くなり、場合によっては故障することもあります。ハードディスクが手で触れないほど熱くなっている場合は、扇風機等で風を当てて、温度を下げるか、いったんクラスタスキャンを停止して下さい。
  2. ディスクに読み取り不能な損傷箇所があるか、読み取りエラーが多発している箇所がある。
    「検索するクラスタ範囲」画面で開始位置と終了位置を調節し、問題のあるクラスタを避けてスキャンしてください。スキャン範囲の分割の方法については、FAQ:クラスタスキャンが途中で停止するを参照して下さい。
  3. MPEG2ファイルのサイズの解析に時間がかかっている(2007~9.0+シリーズ)
    MPEG2の解析を無効にすることで、スキャン速度を向上することができます。
    高度な復元 の「ファイル」メニューから設定をクリックし、設定タブを開きます。画面右下の「MPEG2ファイルのサイズを解析する」のチェックを外して、再度クラスタスキャンを行ってください。
    ※ ファイナルデータ10+ 特別復元版以降はMPEG2の解析機能を無効化するメニューはありません。

このQ&Aは役に立ちましたか?(改善のためにアンケートにご協力ください)

キーワードから探す

最近見たFAQ